Menu
戻る

HygroMet4 - HM4

HygroMet4は、短期あるいは長期にわたり湿度が高い状況における最適なデバイスです。湿度が高い場合、結露はプローブの不正確な測定結果をもたらします。特に気象、チーズ貯蔵室、トンネル、洞窟において顕著です。

加熱機能
HygroMet4は、内蔵する自動センサヒーターを加熱してセンサを周囲温度より0.1~10℃高くします。センサの加熱は結露の防止になります。
下記の加熱サイクルの選択ならびに設定が自由にできます。

- 連続加熱
センサは常時加熱されます。

- 間欠加熱
ヒーターは、時間毎/日毎/週毎/月毎など決められた時間に加熱します。加熱時間は設定可能です。

- 測定値による加熱
センサヒーターは、たとえばある湿度か温度の値に到達するまであるいは到達した後のような条件によって加熱します。

センサのクリーニング
プログラム可能なクリーニング機能によりセンサを150 °Cまで加熱します。時間毎/日毎/週毎/月毎など定義した時間に加熱します。加熱時間は設定可能です。

特徴

  • 連続的な測定と加熱
  • 相対湿度と温度の測定
  • 全ての空気線図パラメータの演算
  • 自由にRoHumiHeatセンサの加熱設定
  • RoHumiHeatセンサのクリーニング設定
  • SMD 温度センサ素子
  • 優れた精度と再現性
  • リアルタイムクロックを内蔵
  • 自由に設定可能なアナログ出力
  • RS-485インターフェース

アプリケーション

  • 気象
プローブ種類 Meteorological probe
動作範囲 -40…85 °C / 0…100 %rh
23 ±5°Cでの精度 Heated: ±1.5 %rh
電源 / 消費電力 15...24 VDC /
5...24 VDC (only 0...1 V) With heater: <55 mA @ VDD = 5 VDC / <30 mA @ VDD = 24 VDC Without heater: <35 mA @ VDD = 5 VDC / <20 mA @ VDD = 24 VDC
長期安定性 <1 %rh / year
加熱モード 連続加熱 / 間欠 / 測定値による加熱
加熱期間 1~255 分
加熱素子 SMD Thermo
湿度センサ SMD Thermo
温度センサ PT100 1/3 DIN Class B
応答時間 Ƭ63 <25 sec.
許容風速 20 m/s, with filter
通信インターフェース RS-485
IP保護等級 IP65

Want to learn more about our products?
We will be pleased to personally advise you.

+81 45 473 89 28
japan@rotronic.com

ご連絡先

* 必須項目